PAGE TOP

UFO体験記

微動だにしなかった

去年(19年)晩夏の事。

まだ明るかった夕方、何気なく迎角45度くらいで上空を見上げると。
うっすらと広がる雲の合間に、「ハ」の字が有った。

またケムトレイルを撒き散らしているのかな?と思ったが。
まだ短かったから撒き始めなのかと思ったが、見つめていても全く延びる気配が無い。
しかも平行でなく、片仮名の「ハ」の字型で、太い。

全く微動だにしないのだが、「えっ?」と思ったら。
その太いハの字全体が、それ迄の3倍はある強さに光った直後、パッと消えました。

見始めてから(強く)光る迄1~2秒。
(もしかしたら3秒以上。携帯カメラで撮るべきか考える暇は有った。)
強く光ってから消える迄、約1~1.5秒程でした。

場所は。
埼玉県 熊谷市の御稜威ヶ原貯水地際。
方向は、新幹線の下り方向の上空だったから、西の方角になりました。


UFOは「こちらの意志を感じ取っている」などと言われますが、その様には思えました。
ロッキードのTR-3Bアストラなんかの地球製UFOではなかったですね。
もう、空に何かが描かれた。と言うより、異空間との繋がりでも見せ付けられた様な感じでしたから。

 更新日付:2020-08-27 21:29:00
 コメント数:0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この記事にコメントする